model:優絆

優絆

 

「高校生とは思えない」

と言われるほど忙しい日々を過ごしている。

好きなアーティストのライブのため、

東京まで遠征することもしばしば。

 

 

もちろん、平日は学校や部活動がある。

その上でアルバイトをする。

 

 

一人旅もする。

LGBTのコミュニティーにも顔を出す。

 

 

しかし、今のような日々を送るようになったのは最近のこと。

 

 

中学生の時は女子特有の集団生活に違和感を覚えて、

学校生活を楽しめなかった。

 

 

だからこそ、かつての自分のように悩む人には明るく、

楽しく生きてほしいと願う。

 

 

「優絆と話して元気になったよ!」

そう言ってもらえることが一番の幸せだ。

 


写真:うさみさき、Kei
文:かほ

モデルをやりたい方はこちら

 


 

ナナぶんのイチ写真展とは:

身近に感じる「日常」の写真。

LGBT・セクシャルマイノリティとは? を見つめなおす。名古屋を拠点に活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA