model:樹梨杏

 

「答えが一つとは限らないジェンダー問題の中で、

当事者や周りの方々の悲しみを

少しでも和らげられたらいいと思って活動しています」。

 

 

樹梨杏さんがLGBTアイドルグループを結成して、

今年で7年目になる。(※インタビュー当時)

 

 

元々はこの手の啓発活動を疑問視していた。

 

 

イベントやバーに出向けば話せる相手がいた。

 

 

不用意に他人にカミングアウトをしたり、

身近にLGBT当事者がいることを伝える必要性を感じなかったという。

 

 

しかし、自分の大切な人が、

無知から来る心ない言葉に傷つけられ、

LGBTへの理解の必要性を痛感した。

 

 

「まだ時々、自分に自身が持てなくなることがある」というが、

大切な人に寄り添うため、

頼ってくれる人の力になるため、

彼女は活動を続けていく。

 


 

写真:うさみさき
文:恒記

 

モデルをやりたい方はこちら

 


 

ナナぶんのイチ写真展とは:

身近に感じる「日常」の写真。

LGBT・セクシャルマイノリティとは? を見つめなおす。名古屋を拠点に活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA