model:冬馬

 

「親戚が福祉医療関係の職業に就いていたから、

自分もなんとなくその道を進むんだろうと思っていました」

 

 

 

冬馬さんが掲げた将来の夢は看護師である。

 

 

 

ジェンダークリニックにはうつ状態に陥り、

リストカットや自殺未遂までしてしまう患者や、

保険適用外の高額医療のため、治療に踏み切れない未成年の患者もいる。

 

 

 

同じLGBTの友人の母親からそんな話を聞いた彼は、

「当事者である自分だからこそできることもある」と、

看護師を目指す決意を固めたという。

 

 

彼にも悩んだ時期があった。

 

 

無理やり制服のスカートを穿かされるのが、

周りに「彼女」扱いされるのがたまらなく嫌だった。

 

 

それでも自分自身が何者かを伝えるべき相手に伝えるために、

そして同じように悩んでいる人に寄り添うために、

彼はこの先も精一杯戦い続ける。

 


 

写真:うさみさき
文:恒記

 

モデルをやりたい方はこちら

 


 

ナナぶんのイチ写真展とは:

身近に感じる「日常」の写真。

LGBT・セクシャルマイノリティとは? を見つめなおす。名古屋を拠点に活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA