model:フウカ

 

異なる言語の間には壁があると思っていた。

 

 

 

中学に入学したばかりの頃、

ニュージーランド人の先生にたどたどしい英語で話しかけて、

ちゃんと通じた時の嬉しさが忘れられず、

海外に興味を持つようになった。

 

 

 

英語の母語話者ではない以上、

それなりの壁があるのは事実だが、

きちんと言葉や文化を理解すれば

越えられない壁ではないと悟った瞬間だった。

 

 

 

言葉のみならず、ジェンダーの壁もフウカさんは越えていく。

 

 

生まれついた性に違和感を覚えることはなかったが、

異性にも同性にも惹かれ、

「好きになった人が好きなんだ」

と認識している。

 

 

9月にはスペインへの留学を控えている。

 

 

国を越えて、言葉を越えて、ジェンダーを越えて、

フウカさんの友達の輪は広がっていくのだろう。

 


 

写真:うさみさき、ぶーちゃん、箱根かける
文:恒記

 

モデルをやりたい方はこちら

 


 

ナナぶんのイチ写真展とは:

身近に感じる「日常」の写真。

LGBT・セクシャルマイノリティとは? を見つめなおす。名古屋を拠点に活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA